西村学修舎

三重県にある小学生の進学塾 私立中学入試

〒519-0126 三重県亀山市東丸町518-5

  TEL.0595-82-7311  FAX.0595-82-7310

 以前新聞に、今期から「東京大学野球部監督に浜田一志氏が就任」という記事がありました。浜田氏は、土佐高校から現役で東大に合格し、4年時には、主将兼4番として活躍されたそうです。その後脱サラして都内に学習塾を開いたのですが、高レベルの授業を意識しすぎて生徒が離れ、それをきっかけに、「理屈より、まず問題をやるのが先だ」と考え、しつこく基本を繰り返し、東大合格者を多く出すようになったと書かれていました。その指導法をグランドでも実践しているとのことでした。

 西村学修舎も、私が働き出した頃ですから、随分前にはなりますが、新聞に「昭和の寺子屋」として記事が掲載されたことを思い出しました。当時はまだ中学受験を考える子供も少なかったからかも知れませんが。開設以来、高レベルの指導で、多くの生徒が有名私立中学に入学していきました。また、以前西村学修舎には、入塾テストなるものが存在し、なかなか入れないという噂もよく耳にしました。当然今は、入塾テストはありませんが。そのなごりで、今も高度なレベルばかり教えていると思われている方も多いかと思います。

 現在の西村学修舎では、学校の勉強を基にして、その内容を深めていく授業が中心になっています。また、復習をし、繰り返し問題を解くことも実践しています。まさに浜田氏の考えと同じです。更に、今後一人で勉強していく上での授業の受け方やノート作りも学んでもらおうと指導に励んでいます。

 今回の浜田氏の紹介記事を見て、今期の東大野球部の勝敗が気になってきました。と同時に、東大野球部にエールを送りたいと思います。

 最後に、浜田氏の言葉を載せさせていただきます。「限界を感じても、まだ上に行ける。思い込めばできる」この言葉を塾生にも贈りたいと思います。                          塾長 西村

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>